東京で埋没法の手術を受けて二重まぶたになりました

東京のクリニックで二重まぶた埋没法の手術をした

おしゃれをし始め一重まぶたがコンプレックスに社会人になり二重まぶたにすべく埋没法を試す手軽に二重まぶたを手に入れることができて良かった東京のクリニックで埋没法をして人生変わった東京のクリニックで二重まぶた埋没法の手術をした

私は一重まぶたなので、ずっと二重まぶたになりたいと思っていました。一重まぶただと、きつい印象に見られてしまうことが多くて悩んでいたからです。いつもアイプチをしていましたが、忙しい朝に行うのは大変ですし、うまく二重が作れない時もあるので大変です。取れない二重まぶたになりたくて、整形を行うことにしたのです。私は痛みの弱いので心配でした。麻酔を行うのは知っていましたが、まぶたに注射をするのはチクッとした痛みがあるので嫌です。東京で、注射を使わずに笑気麻酔を使用しているクリニックがあったので、そこを選ぶことにしました。笑気麻酔は、口から吸うタイプの麻酔なので注射を使わないからです。二重まぶた埋没法の手術では、まぶたに糸を留めて二重を作るのですが、1点留めと2点留めと3点留めがあると説明を受けました。私は、料金もお手頃で取れにくい2点留めを選びました。いよいよ手術の日になりました。笑気麻酔を行ったら、緊張や不安がなくなってリラックス出来ました。手術も無事に成功して、生まれつき二重まぶたの様になれたので本当に良かったです。取れない二重まぶたになれた事で、彼や友人と旅行に行けるようになって嬉しいです。